パズルゲームパクロス - 懸賞、ロジック、クロスワード、ナンプレが楽しめる!懸賞 パズルサイト

懸賞 パクロスをお気に入りに追加  
メールアドレス
パスワード
メールアドレス,パスワードを保存する

パスワードを忘れた方はこちら

新規会員登録

各プロバイダ専用サイトへ

YAHOO!パクロスへOCNパクロスへ

各プロバイダ会員の専用入口はこちらから

総合案内
本格オンラインパズル
アイアの雑誌紹介 懸賞パズル パクロス
TOPお絵かきパズルクロスワードナンプレ漢字ナンクロミニゲームメダルゲームポイントで賞品応募
お絵かきパズルについて
タテ・ヨコの数字は連続して、マスを数字の色で塗りつぶします。
タテ・ヨコ、同じ列の隣り合った数字が同じ色の場合は、その間を1マス以上あける。
タテ・ヨコ、同じ列の隣り合った数字が違う色の場合は、その間は、あいてもくっついてもよい。
※ルール(3)は白黒のロジックと違うので注意が必要です。


「(1列のマスの数÷2)+1」以上のマスは仮定法で塗れる!
1列のマスの数の半分よりも大きい数字がある場合は、1番右からと1番左から、それぞれ塗ったと仮定したとき、いくつか重複して塗られるマスがでてきます。重複して塗られるマスは、左右どちらから塗っても塗られる事になりますので、塗ることが確定します。
例えば10マスの場合は、6以上の数字であれば重なる部分がありますので、塗れるマスが確定します。例はヨコですが、タテの場合も同様です。
複数の数字がある場合は、それぞれの間を1マスあけたと仮定して端から数える!
例えば、タテ「3・5」は
A.上から3マス塗って、1マスあけて5マス塗る
B.下から5マス塗って、1マスあけて3マス塗る
と2パターンを仮定します。その結果重複して塗られる部分は塗りに確定できることになります。
確定したマスから、さらに確定する!
「3・1・1」の「3」のうち1マスだけ確定しているような場合、左端から3マス塗ったと仮定した場合と左から4マス目の「×」から右へ3マス塗ったと仮定した場合に重複して塗られるマスは塗りに確定と考えることができます。
「×」から確定できるマス!
左から6マス目が「×」で決定していて、さらに、列の数字が「3・1・1」の場合、×より右には数字全部のマス数がないことから、左端から×まであいている5マスの中に「3」が入ることを仮定することができます。その結果、3マスの内のいくつかのマスを塗りと確定することが出来ます。


例題
例題 では実際に左図を例に実践してみましょう!
仮定法
テク1


テク1



テク1


両端から数えてわかる!大きい数字を数えよう。

■まずは大きい数字に注目してみましょう。ヨコ:ク列に「9」という数字があります。(ルール(1)より9マス連続して黒く塗るということを表します。)

■ヨコのマスは全部で10マスです。

■さて、10マスのうち9マス塗るということは、1マスだけ空白のマス(=塗らないマス)があります。

■右端に1マス空白なのか、左端に1マス空白なのか、この段階ではわかりません。しかし、どちらの場合でも、B〜I列は塗らなければならないので確定します。

■以上をふまえて、ヨコ:キ列「7」を考えてみましょう。

■7マス連続して塗るということは、3マスが空白になるということです。そのパターンは左図の4種類あります。どの場合でも、左図の重なる部分は確定します。


※さらに詳しくは
ページ下の「レベルアップするための応用テク」をご覧下さい。

仮定法複数バージョン
テク2


テク2
複数の場合も仮定法で塗れる!

■よく数字を見てみるとタテ:J列は「3・5」と数字が並んでいます。

■複数の数字がある場合も確定することができます。

■タテのマスは全部で10マスで、「3・5」ということは、塗るマスは「3+5=8マス」空白は「10-8=2マス」です。

■その空白の2マスですが、左図A・B・Cの3パターンが考えられます。

■そのどれかは分かりませんが、いずれの場合も重なるマスは確定するということになります。

■ここで、空白ではなく青マスに注目してみると、
 ●「3」のパターンはAとBの2パターン(AとCは同じです。)
 ●「5」のパターンもAとBの2パターン(BとCは同じです。)

これらをまとめると
 ●上から3マス塗って、1マスあけて5マス塗る
 ●下から5マス塗って1マスあけて3マス塗る
の2パターンです。この2パターンの重なる部分は必ず塗れるということになります。


※さらに詳しくは
ページ下の「レベルアップするための応用テク」をご覧下さい。

×有効活用
テク3 ■空白のマス(=塗らないマス)には「×」を入れて分かりやすくしましょう。

ちょっと一息入れて見てみると・・・いつのまにかだいぶ塗れてきましたね。

■ヨコ:ク列の「9」はよく見るとすでに確定しています。そこで、空白のマスには分かりやすいように、「×」を入れます。また「9」は確定したので、分かりやすいように数字の部分にも「×」をつけておきましょう。



(4)に行く前に・・・
■ヨコ:キ列は以下のようになっています。

テク3

■数字を見てみると「7」だけです。これはルール(1)より7マス連続して塗るということです。ということは、下図のように塗らなければ成立しませんので、確定します。

テク3

さらによく見てみると・・・
テク3

■イ列「2・1」は右端が1マスだけ塗れています。ルール(2)より、左から右に塗っていくので「1」は塗り終わっているということになります。

■さらにルール(2)より、数字の間には1マス以上の空白をあけなくてはならないので、「×」を入れておきましょう

■また、ウ列、カ列、ケ列に注目すると、同様に上図のように塗れて、「×」が入ります。

見直し!
テク4 ■徐々に塗れてきたら、常にタテ・ヨコをみて塗れるマス、「×」のマスがないかチェック。

■ヨコ:カ列を見てみると、残り3マスのうち2マスは塗ることになるので、下図のようにテク1を使います。

テク4

■ヨコ:コ列「2・6」ですが、これはテク(2)より、塗るマスが確定します。

テク4

×からわかる!
テク5


テク5
■「×」のマスが確定するということは、非常に重要です。

■現段階で「×」が確定している部分を確認してみましょう。

■また塗り終わっている数字にも「×」をつけてみます。タテ・ヨコよく見てみましょう!

■現段階で「×」が確定している部分を確認してみましょう。すると、ヨコ:コ列「2・6」の「6」もルール(1)より、連続して塗らなくてはならないので、確定します。

■さらに、そうするとタテ:A列ですが、「2・1」で1マスだけ確定している状態です。この1マスは、「2」のうちの1マスだと仮定すると、ルール(1)、(2)が成立しません。ということは、この1マスは「2・1」の1になります。

■この「1」が確定すると「A・コ」は「×」になり、ヨコ:コ列も確定します。

■さらに、これでタテ:J列「3・5」の「5」も確定しました。

■このように「×」がわかれば黒く塗るところも分かってきます。

■また、タテ:B列の「5・1・1」は「1」はすでに両方決定しています。「5」もルール(1)、(2)より決定します。

可能性は1つ!
テク6 ■ヨコ:ア列を見ると下のようになっています。

テク6

■ここでヨコ:ア列「2・3」が入る可能性は一つしかありません。下のようになります。

テク6



以上のテクを使い、タテヨコに注意してマス目を埋めていきましょう!

できあがり!カニの完成!!
完成!


ここまで基本を学んだら、さらなるレベルアップを目指して応用テクを学びましょう!

複数の数字を塗りつぶす場合

全部で10マスの問題で「3・2・1」という数字があったと仮定します。これもテク2を使って塗ることができますが、注意が必要です。Aは「3」が重なっているので確定できますが、Bとしている数字が同じではないため、確定はできません。


確定したマスがどの数字かわからない場合

全部で10マスの問題で「3・2・2」という数字があり、下図の1マスが塗れている場合を仮定します。


さて、この1マスは「3・2・2」のうちのどの1マスなのでしょうか?
「3」だと仮定すると下図の3パターンがありますが、いずれの場合も残りの「2」「2」が塗れなくなってしまいますので、「3」ではありません。


次に2番目の「2」だと仮定すると、下図の2パターンがあります。これは、残りの「3」と「2」も塗れる可能性があります。


そして最後の「2」だと仮定すると、下図の2パターンがあります。「3」と「2」は塗れません。


ということは、この確定している1マスは「3・2・2」のうち、2番目の「2」の1マスになります。



このロジックに使う色は「緑」「オレンジ」「黒」です。

白黒のロジックと同様に、最初は大きい数字に注目します。

まずヨコ:コ列を見ると、10マスのうち、7マスをオレンジで塗るわけですから、D〜Gの4マスがオレンジ色で確定します。
すると、タテ:D、E、F、G列は、図のように塗れることが決定し、ルール(2)より、塗らないことを決定する「×」を入れることができます。
次に、タテ:G列を見ると、ルール(2)、(3)より、図のようにオレンジ3マス、緑2マスが決定します。すると、新たに塗らないマスがわかり、「×」を入れることができます。
タテ:E列のエ・オの部分は、ルール(3)よりくっついてもよいということになります。ルール(3)は白黒ロジックと違うので要注意!このようにルール(1)、(2)、(3)に従い、塗るマス、×のマスを決定していけば、完成です。


お絵かきパズルお試しプレイ
音が出ますのでご注意下さい